お金の運用をした方が良いのはどういう理由でどういう方法があるのか

社会保障もいよいよ全く期待できない時代になり、将来のお金に不安を感じる人も多くなってきました。

昔みたいに預金していれば利息でお金が増える事もなければ、給料も上がらず年金も生活できるほどもらえる事もないと国が言う始末です。

こんな時代だからこそお金の運用に興味を持つ人が多くなるのは当然です。

中には今でもお金の運用に否定的な人もいますが預金をする方がリスクがある以上お金を運用するしかないと言っても過言ではないです。

お金の運用は投機ではない

若い人の多くはお金の運用にかなり理解がありますが否定的な人の多くは今でもお金の運用を投機か何かと勘違いしているというのがあります。

確かに投機は単なる博打なのでやるべきではないです。

ですが、お金を運用するというのは投機ではなく長期間の分散投資が基本です。

これをやる事は全く悪い事ではなく、預金していても全く増えないお金をずっと持ち続けるよりもリスクは少ないです。

もちろん、お金の運用でお金を減らすリスクが全くないわけではないです。

ですが、安全にお金を運用する事でそのリスクを減らして増やせる可能性を上げることはできます。

これすらも恐れてしないで預金だけしていても、お金は全く増えないです。

今の時代が預金をしていたらお金を増やす機会を手放すことになります。

今後さらに食品などの値上がりが続くことで預金は確実に目減りします。

そうならないためにも正しくお金を運用してお金を増やしていく必要があります。

その基本となるのが長期運用と分散投資です。